このコンテンツは2000円札パラダイスの一部です。



2000円札普及実行委員会


2000円札奨励大賞

この「2000円札奨励大賞」は、2000円札普及に尽力、あるいは有益な活動を行った者を年一回表彰することによって、社会全体に対して普及意識の向上に繋げることを目的にします。詳細については以下をご覧ください。



名称 2000円札奨励大賞

表彰種類 大賞、奨励賞、特別賞

主催 2000円札普及実行委員会

協賛 2000円札パラダイス

発表 毎年7月19日(2000円札発行開始日) 

表彰対象 2000円札普及に有益もしくは啓発的な活動を行った人・物または団体。

審査委員会 適切な受賞者の一切の決定権を持ちます。

審査委員長 2000円札パラダイス管理人ハゲナルド

審査基準 自薦・他薦を含めた2000円札普及に貢献した活動を、主に独創的、影響力、

     積極性に基づき評価します。

自薦他薦受付 発表年の6月下旬締切り

選定委員公募受付 

2000円札奨励大賞の企画意図に賛同された人物、法人であり、2000円札普及活動に対して見識がある方。委員は電子メールで情報を交換します。

HP等の媒体を用いて当賞の広報が可能であることが望ましいです



当賞に対するお問い合わせはメールでお願いします。



委員会会則

入会にはいっさい面倒な手続きはございません。



活動目的:2000円札を普及させ、2000円札発行に用いた資源を有効に活用する。



普及方法:

1、2000円札を銀行で手に入れて、個人消費、たんす預金に回す。



2、会社、学校、友人、家族、親戚などの第三者に両替や金銭の支払いで2000円札を使用し、全国皆さ
んの財布に2000円札を徐々に浸透させる。

 

3、スーパーなどへ2000円札をお釣りで出して欲しいなどの意見を投稿し、2千円札をアピールする。



4、お金を現金で受け取るときに、2千円札を混ぜるように相手に言って、2000円札が需要あることを示
す。



会員特典:

一、社会の2000円札への冷たい反応がわかる。



二、この地道な活動が認められ論文にまとめれば、日本人が唯一受賞していないノーベル経済学賞の受
賞も、持論的に可能である。



三、経済をよくするために、自分ができる範囲で何か実行した気になる。



四、プラス思考の重要性を認識できて夢が広がる。  

      

五、友達と2000円札について語る機会ができる。

      

六、調査書や履歴書にボランティア経験「2000円札普及」と記入できる。(評価されるかは知りません。)



当面目標:つり銭に2000円札がごく普通に回ってくるようにする。









商店向け2000円札釣銭使用に関する指針


2000円札の釣銭利用促進を混乱なく進めるため、以下の手順を定めます。

地域に大きな影響を持つ大型スーパー、百貨店が率先して2000円札を使用すると、小規模商
店も2000円札の使用を拡大するでしょう。みなさんで2000円札をつり銭用意が少なくて済む紙
幣として使いましょう。次第に利便性が分かります!!



@レジ等に掲示

「釣銭として2000円札を使用することがあります。」

これだけでクレームはグッと減ります。



A2000円札が入ることをお客さんと確認

「2000円札が○枚と小さい方が×円」

まだ2000円札が見慣れないという方もいるので、もうしばらく徹底を!



×「2000円札が混じってもよろしいですか」

新紙幣同様、許可を求めるほどお客に配慮することはない。依頼されたときのみ両替対
応をする。






戻る
戻る




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO